医師紹介|麻布デンティスト歯科・口腔外科|麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科

〒106-0044 東京都港区東麻布1-17-7
TEL.03-5797-8533
ヘッダー画像

医師紹介

医師紹介|麻布デンティスト歯科・口腔外科|麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科

ご挨拶

川口 祥子
ドクターズファイル 歯の黄ばみを専用の薬剤でケア 歯医者で受けるホワイトニング 痛みや腫れのリスクを回避するため親知らずを放置せず早期決断を

生まれ育った、地元港区麻布での質の高い地域歯科医療

人生100年と言われます。一日でも長く健康寿命を延ばして元気に自分らしく過ごすためには、歯や口腔環境の健康管理が大切であることが様々な研究からわかってきました。自分の歯で食事を摂り、美味しいと思えることで前向きな感情が作られ、人と会う機会も増えてコミュニケーションの輪が広がります。クオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上にとっても重要な役割りを持ちます。

最近の研究から歯の本数と認知症の関係性が確認されており、口から食べ物を摂り入れて、咀嚼(噛んで)して栄養を摂ることが脳への刺激にとっても重要であることがわかってきました。さらに、口腔内の環境は歯に影響を及ぼすだけでなく、身体全体に影響を及ぼすことも多くの研究からわかっています。歯や口腔環境の健康管理は、心身の健康を左右するといっても過言ではありません。また、歯の嚙み合わせのバランスはお顔の表情に影響したり、顎や関節の歪みや姿勢の歪みにも影響を及ぼします。

さまざまな年齢層によって生活環境は変化し、口腔環境も変わっていきます。健康寿命を延ばすためにも、歯や口腔環境の健康を維持することが必要となり、全ての年齢層のQOLを高める要因の一つと言えます。歯の健康を維持するために、お一人お一人の口腔環境の変化を予防面や治療面で早くにご提案することも歯科医師の大事な責務です。お口のホームドクターとして、患者様の歯と口腔環境の健康をお守りする準備をご用意しています。どうぞお気軽にご相談ください。

私は、大学卒業後、大学院では口腔外科を専攻して研究と臨床において学識を深め、学位を取得しました。大学病院ではさまざまな臨床経験を積んで参りました。今まで培った歯科医師としての専門知識と臨床経験を生まれ育った、地元港区麻布での地域歯科医療に寄与していきたいと考えています。患者様に寄り添った質の高い医療をご提供することを心掛けて参ります。

麻布デンティスト歯科・口腔外科

院長 川口 祥子(かわぐち しょうこ)

経歴

平成7年 3月 安藤記念教会付属幼稚園卒園
平成13年 3月 東洋英和女学院小学部卒業
平成16年 3月 東洋英和女学院中等部卒業
平成19年 3月 東洋英和女学院高等部卒業
平成19年 4月 明海大学歯学部入学
平成25年 3月 明海大学歯学部卒業、歯科医師国家試験合格
平成26年 3月 帝京大学付属病院歯科口腔外科(初期臨床研修)修了
平成26年 4月 明海大学大学院歯学研究科
(病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学分野)入学
平成30年 3月 明海大学大学院歯学研究科
(病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学分野)修了
学位(歯学博士)取得
学位論文「LPS 誘導性破骨細胞分化に対するカルデクリンの効果」
令和2年 3月 埼玉医科大学麻酔科(歯科麻酔科研修)修了
令和5年 3月 明海大学歯学部(病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学分野)専攻生退職
令和5年 3月 医療法人希有会のぞみデンタルクリニック及び都内医療法人デンタルクリニック院長職を退職

資格・所属学会

  • 博士(歯学)
  • 日本口腔外科学会 認定医
  • 歯科医師臨床研修指導歯科医
  • 日本インプラント学会
  • 日本歯科麻酔学会
  • 日本老年歯科医学会
  • 日本病院歯科口腔外科協議会
  • 東京都港区麻布赤坂歯科医師会
ドクターズファイル 歯の黄ばみを専用の薬剤でケア 歯医者で受けるホワイトニング 痛みや腫れのリスクを回避するため親知らずを放置せず早期決断を
TOPへ戻る