予防歯科・メンテナンス|麻布デンティスト歯科・口腔外科|麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科

〒106-0044 東京都港区東麻布1-17-7
TEL.03-5797-8533
ヘッダー画像

予防歯科・メンテナンス定期検診だけでなく定期管理を

予防歯科・メンテナンス|麻布デンティスト歯科・口腔外科|麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科

予防の大切さ

予防歯科

日本の歯科治療は主に「削って詰める」ことが中心でした。今ではむし歯や歯周病にならないための方法が確立されていますが、日本では予防歯科の考え方は世界に比べて遅れていると言われており、歯を失う人はまだまだ多いです。そして残念ながら現代の医学では失った歯、削られた歯は自然に再生はされません。

当院では治療が必要な歯に対してはしっかりと治療を行い、その後なるべく歯を削らないことを目標としています。「定期検診」によって早期発見、早期治療を行うことを目的とし、治療後も治療が必要なかった場合でも「定期管理」を行い、お口の健康を維持していくことを目的としています。私たちは、お口の健康は全身の健康に繋がると考え、患者様と協力して生涯ご自身の歯でおいしく食事ができるように取り組んでいます。

予防歯科で行うこと

「予防」の基本は毎日の歯みがきですが、歯と歯のすき間や歯ぐきの溝、奥歯の噛み合わせ溝などの汚れは、セルフケアで完全に除去することはできません。そのため、毎日歯みがきをしていてもむし歯になってしまうことがあるのです。徹底的にお口の中の汚れを除去できるのが、歯科医師や歯科衛生士らによるプロフェッショナルケアです。

定期的に専門家の歯のクリーニングを受けて、お口の汚れを除去すれば、細菌の温床となるバイオフィルム(強力に付着した多種の細菌の膜)や歯石を取り除くことができます。このような予防ケアによって、むし歯や歯周病などの口内環境を健康に保ち、全身の健康にもつながります。

1.

PMTC(プロによるクリーニング)

PMTCとは、専門家が専用の機器を使用して歯を磨き上げる(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という意味の略称です。毎日の歯みがきでは落ちない歯の汚れやバイオフィルムを、予防ケアのプロである歯科医師や歯科衛生士が、専門の器具と専用のペーストを用いて、歯面とその周辺の歯周組織から徹底的に除去していきます。このクリーニングによって、汚れの再付着の予防も期待できます。

2.

スケーリング(歯石取り)

歯石は歯垢(プラーク)が石灰化してできた硬い塊で、歯みがきなどの通常のセルフケアでは除去できません。歯科ではスケーラーという専用の器具を使用して、歯の表面や歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)内にある歯垢や歯石を徹底的に除去します。このスケーリングは、初期の歯周病(歯肉炎)を改善する治療としても行われます。

3.

エアフロー(自費診療となります)

エアフローは歯の表面の汚れを取り除く、歯科用のクリーニング機器です。エアフローではまず歯垢を薬液で染色します。歯垢は付着した時期によって染色の濃さが異なるため、歯みがきができていない部分やバイオフィルムがある箇所を明確に認識できます。そこを中心に、小さな粒子をジェット流水で吹き付けながら洗い流し、こびりついた歯垢や汚れを取り除いていきます。ブリッジの下や被せ物、インプラント周囲の汚れなども取り除くことができます。粒子はパウダー状であり、歯に優しくダメージを与えません。エアフローを行った後は、歯の表面が滑らかになります。また、歯垢や歯石、バイオフィルムなどの再付着を防ぎ、むし歯や歯周病などのリスクを低減できます。

4.

フッ素塗布

フッ素塗布は小児歯科だけでなく、成人のむし歯予防にも効果的です。歯科医院で使用するフッ素は9000ppmであり、歯磨き粉に含まれるフッ素は1500ppm以下なので、より高濃度のフッ素を定期的に塗布することでむし歯を予防します。フッ素には、「初期のむし歯を治す」「歯のエナメル質を強化する」「むし歯菌の活動を抑える」という効果が期待できます。3カ月に1度程度行うことが理想です。

お子様・妊婦の方の予防歯科

生まれたての赤ちゃんの口の中にはむし歯菌がいません。
赤ちゃんにむし歯菌がうつるのは、残念ながらご家族からです。口移しで食べさせたり、親の箸やスプーンで食べさせたりということでむし歯菌が赤ちゃんにうつってしまいます。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後19カ月〜31カ月と言われています。

お子様・妊婦の方の予防歯科

この時期にむし歯菌からの感染を防ぐことでむし歯のできにくい口腔環境が整います。
可能な限りこの時期に赤ちゃんのむし歯菌の感染を防ぐとともに、ご家族も一緒にむし歯菌のコントロールを重要です。これからお母さん・お父さんになる方も妊娠してからでも遅くありません。ぜひ当院へご相談ください。

日頃の歯ブラシ習慣も大切になってきます。小さいころはお母さんが一緒に歯みがきを行うとともに、きちんと磨けているかの点検と仕上げをしてあげましょう。
小児歯科で定期検診やブラッシング指導を受けることもおすすめです。

1.

フッ素

フッ素塗布はむし歯菌から作られる酸の生成を抑制する効果が期待でき、とくに乳歯や、生えたての永久歯にはむし歯予防効果が大きいとされています。3~4カ月に1回の歯面塗布をおすすめします。

2.

シーラント

むし歯になるリスクが高い歯の溝を、歯科用プラスチックで塞ぎ、汚れがたまらないように処置する治療です。乳歯は形が複雑なため、シーラント処置は効果的です。とくに奥歯の深い溝は汚れがたまりやすく、むし歯になりやすいところです。奥歯が生え出したらできるだけ早いうちに溝をコーティングするシーラント処理をおすすめします。

TOPへ戻る