麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科 麻布デンティスト歯科・口腔外科|歯列矯正(マウスピース矯正)

〒106-0044 東京都港区東麻布1-17-7
TEL.03-5797-8533
ヘッダー画像

歯列矯正(マウスピース矯正)笑顔に自信を

麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科 麻布デンティスト歯科・口腔外科|歯列矯正(マウスピース矯正)

当院のマウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正

最近では色々なメーカーのマウスピース矯正がありますが、当院のマウスピース矯正は世界No.1シェア率のインビザライン社を使用しています。

インビザラインGOは2018年に誕生したインビザライン社の中でも新しい歯の矯正システムです。

インビザラインが全ての歯を対象とした矯正装置であるのに対し、インビザラインGoは奥の歯を除く計20本を対象とした矯正装置です。咬み合わせは問題がなく、前歯の部分的な歯並びの修正を行いたい方に適しています。インビザライン矯正と同じ素材やシステムを使用しながらも、治療可能な範囲を限定することで、比較的短期間・低価格な治療を実現しました。

最新のシステムによって、カウンセリングを受けたその日に「インビザラインGOで矯正が可能かどうか」の可否を適切に判断することが可能になっています。実際に歯の矯正が可能かどうかをその日に知れるというのは、インビザラインGO独自のことです。

ぜひ無料の3Dシュミレーションを受けてみませんか?

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は、歯並びを整えるためにマウスピースを使用する治療方法で、透明な素材で目立たず、他人に気づかれずに矯正治療を受けることができるという特徴があります。この装置はいつでも取り外すことができ、通常通り食事や歯磨きも行うことができます。

インビザラインでは、詳細な計画に基づいて治療段階ごとに作られたマウスピースを使用し、少しずつ歯を移動させて歯並びを整えます。治療期間中は一日に20時間以上装着する必要がありますが、金属アレルギーの心配やワイヤーの外れ、ブラケットによる痛みなどのトラブルはありません。そのため、治療中も快適に過ごすことができます。インビザラインはマウスピース型装置の中で最も歴史があり、多くの治療実績があります。

マウスピース矯正は、通常のワイヤー矯正と比べて、患者様の積極的な協力と医師の診断能力が治療の成果に大きく影響します。矯正治療を考えている方は、麻布十番・赤羽橋の歯医者・歯科 麻布デンティスト歯科・口腔外科にぜひ相談に足を運んでいただき、自身の悩みがマウスピース矯正で解消できるかどうかを一緒に考えましょう。

こんな方におすすめです

  • 歯並びにコンプレックスがある方
  • 人前で話すことが多い方
  • 周囲に矯正を気づかれたくない方(矯正装置が見えることに抵抗がある方)
  • 痛みや違和感の少ない矯正をご希望の方
  • 矯正装置による金属アレルギーが心配な方
  • 矯正装置によるむし歯リスクが心配な方
  • 毎日20時間以上きちんと装着できる方

マウスピース矯正のメリット・デメリット(注意点)

メリット

  • 最短で2カ月で治療が終了
  • 費用が比較的安価
  • 目立たない矯正装置
  • 治療中の痛みがほどんどない
  • 好きな時に取り外しが可能
  • 金属アレルギーの心配もなく、お口にやさしい
  • 治療結果や治療期間が予測できる

デメリット・注意点

  • マウスピース装着中は飲み物(水)のみOK
  • 正しい装着方法で1日20時間以上使用しないといけない
  • マウスピース型装置の紛失により治療が中断するリスクがある
  • 歯並びによっては、マウスピース型装置で治療が難しいことがある

マウスピース型装置(インビザライン)の適応症

インビザラインには適応症があります。まず、歯並びの状態などをチェックし、インビザラインでの治療が可能かを診断させていただきます。
以下は一般的な適応症と非適応症です。

適応症

  • 非抜歯で治療が可能な症例
  • すきっ歯症例
  • 開咬症例
  • 交叉咬合症例

叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

顎のサイズに対して歯が並ぶ十分なスペースがなく、重なってデコボコになっている状態。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に大きな隙間がある状態。

交叉咬合

交叉咬合

口を閉じた際に、上の歯のいくつかが下の歯の内側にある状態。

開咬

開咬

前歯だけが咬み合うことができない状態。

非適応症

  • 歯のがたつきが強い症例
  • 上下の顎で前後、左右のズレがある症例

マウスピース矯正の流れ

1

カウンセリング

まず、歯並びのお悩みや治療に関する疑問などを丁寧にうかがうことから始まります。そして、マウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などを説明いたします。歯の矯正には複数の治療法があるので、選択に迷われることもあるかと思います。最適なご決断ができるようなカウンセリングを心がけています。

2

精密検査

精密検査では口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口内の撮影を行い、精密に歯並びやお口の状態を把握します。

3

治療計画のご説明・治療シミュレーション

精密検査の結果をもとに作成した治療計画についてご説明します。どのくらいの期間をかけて、どのくらいの力で歯を動かしていくのか、治療のシミュレーションを行います。

4

マウスピース型装置の発注

米国アライン社に患者様の資料を送付しカスタムメイドのマウスピース型装置を発注します。アライン社では歯の移動予測イメージをもとにして、治療に必要なプラスチック製のマウスピースを作成します。完成には2〜3週間程度を要します。

5

矯正治療の開始

マウスピース型装置が届いたら治療開始です。アタッチメント(突起)やIPR(歯と歯のスペースを作る)を行います。1〜2週間ごとにマウスピースを交換しながら治療を進めます。1日に装着する時間は20時間以上です。矯正中は月1のペースでご来院いただき診察を行います。

6

保定期間を経て治療終了

目指す位置まで歯が動いたら、その状態を維持できるように保定を行います。
最初の3カ月は今まで通り20時間以上装着していただき、その後夜間のみ装着していただきます。

麻布デンティスト歯科・口腔外科の6つの特徴

麻布十番駅徒歩8分・赤羽橋駅徒歩2分の歯医者・歯科です

  • 女性歯科医師院長による細やかで痛みに配慮した歯科治療
  • 歯だけではなく、口元から「美」の提供
  • 口腔外科認定医による安心の歯科診療
  • 患者様の声を聴き、寄り添う歯科診療
  • 来て良かったと思っていただける歯科クリニックを目指して
  • 最新機器によるデジタル歯科診療の提供
TOPへ戻る